一藝社

お問い合わせは電話 : 03-5312-8890までトップページへ

書籍案内-詳細

ジャンル:政治
 

ドイツの政治・日本の政治<新装版>
 

[著者] 加藤秀治郎

価格(税別): ¥ 1,600


概要

日本政治はこの数年、混沌としている。今なお、日本政治の行方は不透明である。国民も政治家も海図をもたずに長い航海を続けた結果、政治に対する焦燥感と疲労感だけが残された。本書の著者は、このようなときこそ、現実政治から少し距離を置き、冷静に今後の行方を探るべきだと説く。戦後ドイツ政治を研究してきた立場から、日本政治のあるべき姿を探る。日本政治に鋭い目を向け続ける著者による評論として、代表作に数え上げられる一冊。

目次

第1部 政治改革
 1章 日独戦後政治改革の軌跡
 2章 選挙制度改革論議の混迷
 3章 細川内閣での選挙制度
 4章 新選挙制度での下での課題
 5章 有権者の自覚とマスコミの責任
 6章 新制度下の総選挙をどう評価するか
第2部 政界再編
 7章 政党制の欧米モデルと日本
 8章 どれが本物 社民リベラル
 9章 日本的「リベラル」の摩訶不思議
 10章 連立政権と政界再編
 11章 政界再編の基軸は何か―ハト派・タカ派の空虚
 12章 政界再々編なくして「政党本位の選挙」なし
第3部 政治的リーダーシップ
 13章 日本の政治指導スタイル
 14章 田中角栄とF.J.シュトラウス
第4部 政治シンボルとコミュニケーション
 15章 戦後政治言語の総決算
 16章 国際政治をめぐる情報環境の汚染
 17章 ドイツ国家と「君が代」
第5部 安全保障と憲法
 18章 戦後日独の安全保障と憲法問題
 19章 「超法規の国」と「非常事態法の国」
 20章 湾岸戦争以後の日独の憲法問題

書籍情報

  • ISBN-13: 978-4-901253-02-4
  • 発売日: 1998年12月
  • サイズ: 四六/並製
  • ページ数: 288頁

株式会社 一藝社
〒160-0014 東京都新宿区内藤町1-6
Tel:03-5312-8890 Fax:03-5312-8895 E-mail:info@ichigeisha.co.jp

Database Factory