一藝社

お問い合わせは電話 : 03-5312-8890までトップページへ

書籍案内-詳細

ジャンル:教育
 

高校生ものづくりの魅力
実感のある学びで社会とつながる

[編]技術教育研究会

ご予約受付中!
発売予定日:2019年5月31日
下記の「カートに入れる」よりお申し込みいただけます。

価格(税別): ¥ 1,000


概要

小学校編、中学校編に続く、『ものづくりの魅力』シリーズの高校生編。「可愛い我が子だからこそ、とりあえず普通高校へ」と思う親御さんと、進路指導に携わる中学校の先生方、高校選びの幅を広げてみませんか? 工業高校や農業高校からも大学に進学できます。ご自身が専門高校を卒業した親御さんたちは、自分の子どもにも同じ高校への進学をすすめます。それはおそらく、「将来の進路を狭める」という一般にもたれがちな不安よりも、そこでの学びが自分を成長させてくれた確かな実感の方が大きいからでしょう。
 本書には、専門高校の生徒だけでなく、普通科高校の生徒も登場します。あらゆる普通の高校生が、学ぶ意味をつかみ、学ぶことを楽しみ、自分を知り、周りの子どもや教師とともに成長し、自信と誇りをもって、将来へ踏み出していく。その姿を、教師の目線で綴っています。すべての高校でものづくりのもつ教育的価値を共有できたら……ものづくりを経て、本物を、社会を知ることで、子どもたちは受験教科の学びを含めて、もっと思い通りに羽ばたいていけるはず。
 ものづくり≠ニいう実感ある学びによって、自信と力を蓄え、未来を創る担い手として歩み始める高校生の様子を紹介します。高校選択、進路指導の参考に。

目次

第1章 親の目から見た、農業系専門高校で学ぶ高校生
 1 学ぶ姿をそばで見て 
 2 「えっ? 専門高校?」 
 3 三者面談をうけて 
 4 体験入学が進路の決め手
 5 入学後の学校からの説明 
 6 同級生の学び方に驚く
 7 専門的な学びが始まる 
 8 校則には理由がある
 9 専門的な学びのおもしろさと奥深さ 
 10 働くことへの意識が育つ
 11 「お父さん、私は幸せだよね」
 12 自分自身でやりたいことを選択することができる
第2章 「自分の未来を揺るがす」工業高校での学び 
 1 アイデアを形にすることは未来を考えること!? 
 2 デジキャス実習の学習内容
 3 夢のような技術で未来を考える  
 4 アイデアを考えて形にすることは楽しい! 
 5 半端ない職人技を理解することとは
 6 「簡単なこと」から「難しいこと」への理解の深化
 7 協働作業の大切さ
 8 手作業の価値とは  
 9 成長の実感
 10 ものづくりが「自分の未来を揺るがす」
第3章 ものづくりが高校生のストーリーをつくる  
 1 生徒がストーリーを描きながら成長していく高校とは
 2 「好きなバイトは丸剣バイトです」
 3 ものづくりで幸せを感じることができる高校
 4 緊張で手が震える体験
 5 「陽キャになって帰ってきます」
 6 パソコンの使いかたが違う理由
 7 高い評価を受けるものづくりの成果
 8 責任と自由をもって集大成の「課題研究」をやり遂げる
第4章 普通科におけるものづくりの学び
 1 日本の木材加工の技術の高さを学ぶ 
 2 鋸とのみだけで三本組木に挑戦●56
 3 職人に近づく鉋の薄削り 
 4 建物の見方が変わる関西宿泊学習 
 5 道具から信念を学ぶ 
 6 「桔木が見たい」
 7 鉄は熱いうちに打て 
 8 木工機械から伝わる130年の歴史
 9 集大成としての作品製作
コラム スポーツウエアのものづくり
終章 高校生がものづくりに取り組む意味

書籍情報

  • ISBN-13: 978-4-86359-193-6
  • 発売日: 2019年5月31日
  • サイズ: A5判/並製
  • ページ数: 80頁

株式会社 一藝社
〒160-0014 東京都新宿区内藤町1-6
Tel:03-5312-8890 Fax:03-5312-8895 E-mail:info@ichigeisha.co.jp

Database Factory